MENU

白髪染めとパーマは一緒にできる?

白髪,平均年齢

忙しいのもあって、同時に白髪染めとパーマを希望する方が多いようです。

 

気持ちはわかりますが、まず美容室では無理ですと断られるケースがほとんどです。

 

同時に行うことで髪の毛へのダメージも増えます。

 

そして、それぞれの薬剤がお互いの効果を邪魔をしてしまってきれいに染まらず、かつパーマがきちんとかからないからです。

 

結局またやり直しになってしまうため、おすすめできません。

 

1週間以上はあける必要がある

白髪,平均年齢

髪の毛のダメージの入り具合にもよりますが、通常は1週間以上あけます。

 

順序としては、パーマを先にかけてそのあとに染めていくのがきれいに染まるようです。

 

費用を抑えつつ、ダメージを減らしたい場合は白髪染めを自宅でといったケースも増えています。そうすることで費用を半額程度に抑えることが可能です。

 

ただし、その場合は自宅でアフターケアをしなくてはいけません。染めた後にきちんと保湿を行うことで色の持ちがずいぶん変わります。

 

カラーヘア専用シャンプーやトリートメントでケアしましょう。最近では髪に優しいトリートメントタイプの白髪染めも流行っています。

 

トリートメントタイプの白髪染めなら、特別なケアは不要で、むしろ使えば使うほどトリートメント効果で髪がツヤツヤになります♪

 

実は、私自身もトリートメントタイプの白髪染めを使っています。色々使った結果、今はこちらの白髪染めが一番お気に入りです!

 

私のお気に入りの白髪染めはこちら

 

 

天然素材のものも入手しやすくなったため、ぜひ活用してほしいところ。焦らずきちんとケアすることでカラーもパーマも持ちが良くなりますので時間にゆとりをもって行うのが無難です。